帯状疱疹の予防接種

知人が「帯状疱疹」の予防接種を受けたそうです。対象年齢は、なんと50歳以上なんですって。いったいどんな予防接種なのでしょうか?

帯状疱疹は、皮膚に痛みやかゆみを感じたり、帯状に皮膚が赤く腫れてしまう病気で、すごく痛いそうですね。顔や首に赤い発疹が出ることもあり、女性にとっては気になる症状です。

帯状疱疹のウイルスは、水痘、いわゆる水ぼうそうを起こすウイルスと同じなのだそうです。
水痘・帯状疱疹のウイルスは、子どもの時には水ぼうそうとして発症しますが、治ったあとも身体の中にひそんでいて、加齢や疲労により免疫力が低下すると、ウイルスが再び活動しはじめて帯状疱疹を発症することがあります。痛みがひどくて仕事や家事ができない、顔や首の発疹に出て外出できないなどの悩みをかかえる場合があります。

そこで開発されたのが「帯状疱疹」の予防接種。50歳以上の人だけが接種できる、まさに私たちの世代に必要な予防接種といえますね。

10年間くらいは効果があるという話です。今度皮膚科に行った時に話をきいてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です